幅広い用途に利用されているボトックスは注目の薬剤!

ボトックス注射の正体とは?

美容外科などの施術の一つにボトックス注射があります。ボトックスを利用する事で表情ジワを無くす、ほうれい線を目立たなく出来る、多汗症やワキガなどの症状を抑える事が出来ると言ったメリットがありますよね。ボトックス注射は薬剤を注入するだけでそれぞれの効果を期待する事が出来ると言う魅力を持ちますが、ボトックスと言うのはボツリヌス菌より抽出された成分で、ボツリヌス菌は毒性が強いとも言われています。しかし、美容外科などで利用されているボトックスは安全性が高いので安心なのです。

ボツリヌス菌ってどんな菌なの?

ボツリヌス菌は酸素が無い場所で増殖する性質があり、主に土の中に在る菌だと言います。はちみつなどを介して体内に入る込む事も在ると言われており、体内に入る事で麻痺を引き起こす可能性が在る等とも言われているのです。1987年に乳児ボツリヌス症状が発症したと言われており、乳児ボツリヌス症が発症した時は、乳児全員がはちみつを摂取していたことからも、以降乳児へのはちみちは危険な存在として、乳児に対してはちみつを与えないよう指導が行われていると言います。

美容で利用されているボトックス注射

ボツリヌス菌は身体の小さな乳児にとっては大きなリスクとなるのですが、菌から抽出された成分はボトックス注射の薬剤として幅広く利用されています。ボトックス注射による施術は注射器を使って薬剤を注入するだけなので、簡単に施術を受ける事が出来ますし、施術後に効果を得られるなどの理由から注目も集まっているのです。中でも症状ジワやほうれい線を目立たなくすると言うプチ整形術ではボトックス注射による方法が効果を持つとも言われていますよ。

最近話題のボトックス。最近は塗り薬や注射で筋肉の収縮の抑制に効果があるといわれています。美容等で使用される事が多く、小顔効果やしわ予防に使われます。