小さな虫歯でも強い痛みがあると大変?痛みをなくすための歯の根の治療

痛くない虫歯であれば患部を削るだけで済む

虫歯になっても必ず痛みが出るというわけではありません。たとえば、歯の表面が真っ黒になっていて、誰が見ても虫歯だとわかるような状態であってもまったく痛くないというケースもあります。なぜ痛みが出ないのかというと、浸食されている部分が歯の神経にかかっていないからです。なので、こうした虫歯であれば黒くなっている部分を削り、コンポジットレジンを詰めるだけで治療が完了します。ただ、小さな虫歯であっても痛みが出ている場合は治療が大がかりになります。

痛みがある虫歯は神経を抜かないといけない場合も

なぜ痛みが出ている虫歯は治療が大変になるのかというと、歯の神経を抜く作業が必要になることがあるからです。歯の神経を抜くことのメリットですが、まず、痛みがなくなります。そのため、治療もやりやすくなります。というのは、虫歯の部分を削ったり、神経を取った部分に薬を入れるといった治療をするたびに麻酔を使う必要がなくなるからです。また、神経がなくなればその周辺が腫れることがなくなり、歯の根のダメージを最小限にできるので、抜歯を避けることもできるんですね。

歯の神経を抜いたらきちんとメンテナンスを

ただ、歯の神経を取ってしまうと、一般的には歯の強度が低くなってしまうといわれています。そのため、硬い物を噛んだりすると割れてしまうことがあるので、歯の根の治療をした場合、その歯のメンテナンスはしっかりと行わないといけません。また、神経が通っている歯と比べると、色がくすんでしまうこともあります。前歯だと目立ってしまうことがあるので、気になるようであれば審美歯科で目立たないようにしてもらうといいでしょう。

根管治療は根っこを治療する為とても長い期間歯医者へ通わなければなりません。出来れば専門の歯医者が良いです。